ホーム&ニュース

【書下ろし】自分なりの健康の定義を作ってみましょう|伊東医師「エネルギー医療の最前線」

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

【書下ろし】自分なりの健康の定義を作ってみましょう|伊東医師「エネルギー医療の最前線」

 

 

 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

のんです。

 

 

奇数月第三土曜日に配信される、伊東医師のメルマガ。

「エネルギー医療の最前線」。

昨日の朝に、9月分の配信がありました^^

 

 

 

が、前回の7月分をご紹介し損ねていましたので、こちらでシェアしますね。笑

 

 

「自分なりの健康の定義を作ってみましょう」   伊東 充隆

 

 

 

 

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」

 

この定義は、WHO憲章における健康の定義です。この定義に対して、1998年に新しい提案がされたことがあり、この改正案が総会提案として採択されたのですが、残念ながら、結局は審議入りしないまま、採択も見送りになってしまいました。

 

改正案では、健康と病気を二元対立的な固定した見方を改めて、連続して動的なものとして捉えるためにdynamicという言葉と、肉体的、精神的、社会的という3要素に加えて、spiritualという4番目の要素を表す言葉を加えました。

 

さて、英語ではphysical、mental、social、の3要素に加えて、spiritualが加わったのですが、この中のmentalとspiritualをあなたならばどう訳しますか?

 

さらにこの二つの意味の違いが明確になっているでしょうか?

 

あなたの健康を人任せにせず、あなたなりの健康の定義を考えて、作ってみませんか。

 

まずは、せっかくですので、WHO健康の定義(改正案)のmentalとspiritual

の意味と違いを自分なりに明確にしてみて下さい。何故ならば、この作業によって得られる気づきが、あなたの健康観を根こそぎ変える可能性があるからです。

 

考える際、4つの要素を平面的に捉えず、立体的にイメージしてみて下さい。

 

 

 

 

「エネルギー医療の最前線 無料版」より

 

あら、なんだか・・・
関連するような内容でしたね。
自分にとってのマインドとスピリチュアルの違い
自分なりの定義を立体的に考える
このあたりに、「健康観マップを作る」といわれていたヒントがあるのかな~なんて
勝手に予測。笑

自分の健康観が根こそぎ、ひっくり返る瞬間

是非ご一緒しませんか。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】
【9/22・10/27開催】「青空禅塾」
【11/23-24開催】「全人的健康を生きる知恵と実践 2デイワークショップ」

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線
伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

  最後までお読みくださり、ありがとうございました。 のん  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です