「私が私でないような感じです。軽いんです。なんでしょうか?この軽さは。」|バイロンケイティワーク個人セッションご感想


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


●「私が私でないような感じです。軽いんです。なんでしょうか?この軽さは。」|個人セッションご感想

 

 

ブログにお越しくださりありがとうございます。坂本範子です。

 

 

 

 

先日ブログでもご紹介した、サロン9周年限定企画

 

「バイロンケイティワーク3回コースモニターセッション」。

 

 

抽選で当選された3名の方と一緒に、3回のワークを過ごさせていただいています。

 

そのうちのおひとり、Aさま。

 

今日は、第3回目のセッション終了後の気づきを、ご了承の下、掲載させて頂きます。

 

 

■Aさま (富山県在住 女性)  (第3回目セッション終了後)

昨日、ワーク後、今まで2回の放心状態とは

違う感じの放心状態で過ごしました。

 

頭の中はたくさんの思考がグルグルと混乱していたと思います。

でも、どの考えもつかんでみる集中力も気力もないみたいな状態でした。

 

何度も何度も繰り返し出てくる2つの大きな考え?が、

叫んでいるように聴こえてくるのを

ただひたすら聴いているだけでした。

 

その声は2つ。

「もう考えなくていいよ。」

「もう守らなくてもいいんだよ。」

でした。

 

もう考えなくていいんだ、

守らなくてもいいんだ、守るものなんてなかったんだ、、

そうか、そうなんだ…。

 

午前中のワーク後、いつも通りの日常を過ごしながら、

これをずっと繰り返し聴いていました。

とめることができませんでした。

 

ふと、何をどうしていいのか、どう考えていいのか、という考えも巡りましたが、

それに集中する気力が全くでてこなかったのです。

 

また、わたしの原点みたいな部分に烙印を押され

鉛のような重い鎖で繋がれていると思い込んでいた

「劣っている」という薄っぺらなだだの考えが

 

考えなくていい。 守らなくていい。

という大きな叫びのような声の合間を縫って

足元にひらひらと落ちていくみたいな

滑稽な感じがしていました。

 

劣っている、、おとっている、、オトッテイル、劣っている、、

 

烙印も押されてないし、重い鎖もついてない、

なんだただの綴りなだけじゃないか、

意味なんてさっぱり、わかんないし、、、

 

えっ⁉︎ そうなんだ、そうなんだ、って思うと

つらつらと涙が出てきたり、

わんわん泣けたりをそのまんまにして過ごしました。

 

のんちゃんとのバイロンケイティ ワークは

どうしても辿り着けなかったところに辿り着けたのだと思います。

心底の安堵感?うれしさ?喜び?を通り越した

ありがたい感動的なひっくり返るような衝撃でした。

どのような言葉で伝えたらよいかわかりません。

 

いつもの私なら、考えて、整理して、

ひとつにつなげてまとめてひとつの結論を出す

みたいな作業をすると思うのです。

どうしても何が何でも知りたかった答えでしたから。

 

でも

そんなことしなくていいんだ、と思いました。

考える集中力も気力もなく、できなかったワケですが、

そんなことをしなくても、

「そうか、そうなんだ」でいいんだな、

もう考えなくていいんだなって思うだけでした。

 

そういうわけで

昨日夕方のんちゃんに感想送ろうという思いもあったのですが、

全く動けませんでした。

 

そして天地がひっくり返ったようなワークの翌日の今日。

変わりない一日でした。

あれほど苦しかった「劣っている」さんは

ホントにいなくなったのかな?と

不安がよぎりそうになるほど変わりのないわたし。

 

でも何かが違うことに少しずつ気づいてきました。

何人かの友人や知人と会って話した時に感じました。

これを、どのように言葉にしたらよいのか、、。

 

 

私の会話の言葉がとても軽いのです。

どうした?自分??と思うほどに、

とても軽くて明るいんです。

言葉が躊躇なく出てくるのです。

 

多分、「劣っている」ことを隠すための

気遣いや緊張がなくなったのだと思います。

そして、幼い頃からどうしても拭えなかった人と接すること、

話すことの深い恐怖感が

スコーンとなくなってしまったような気がします。

 

会話の中で「劣っている」さんが、出そうになり、

一瞬ひるんだことがありましたが、

全く気にしてないわたしが勝手にでてきて

「劣っている」さんは消えてしまいました。

 

私が私でないような感じです。

軽いんです。

なんでしょうか?この軽さは。

 

また、会話がとても楽しく展開するのです。

 

昨日の今日で、考え過ぎでしょうか?

なんか違うのです。

 

そして今日も問題?の〇〇と2人きりで話す機会が

なぜか、ありました。

伝わるのです。

正しくはないはずの

お互いの思いを分かり合えるのです。

 

しばらく様子をみながら、過ごそうと思っています。

 

のんちゃん。

1回、2回目があっての3回目のワークだったと思います。

「のんちゃん」のバイロンケイティ ワークを

3回継続させていただきまして

本当にありがとうございます。

 

三回を通して感じたこともお話ししたいのですが、

まだ頭の中がスッキリしなくて考える集中力がありません。

 

今日はこれで失礼します。精一杯です。

ここまで書くのに、おもしろいことに、

とても時間がかかったんですよ。笑っちゃいます。

のんちゃん、きっと気にかけてくださっていると思います。

わたしは元気です。

 

 

あったかなご感想を、ありがとうござます^^

 

セッションを想いだして、ちょっとじいんとしちゃいました。

 

 

 

今回3回目のセッション。

 

前回までで、ご自身にとって大きなテーマを見てこられたこともあって

 

「いま、あんまり、テーマがないんですよね~」という感じでのスタート。

 

 

 

ただ、長年のセラピストとしての経験上、そういう時期だからこそ、

 

自分ではほとんど意識していないような小さなことの中に

 

びっくりするような大きなことが隠れていることもあります

 

と、お話したのちにスタートしていきました。

 

 

 

 

バイロンケイティワークのなかの置き換えを進めていきながら

 

なんども出てくるワンフレーズ。

 

そして、そのフレーズは、ワークの最初の段階から、他愛ない会話の間に

 

ちりばめられていた言葉でもありました。

 

それは、「劣等感」。

 

 

 

この文章をより、自分にフィットするように置き換えていった結果

 

「わたしは、劣っている」という文章ができあがってきました。

 

こういったシンプルだけどパワフルな信念が浮上した時は

 

明らかに観きることが必要になってきます。

 

 

 

この文章に対して、

 

バイロンケイティワークの基本の4つの質問をしていきました。

 

そのなかで、最後の一文をちょっとアレンジして、再度投げかけました。

 

すると、そのお答えと同時に、

 

関をきったように、感情と共に涙が・・・・・。

 

もう、なんにも思考が思い付かない、何も話せないくらい

 

スコーンと抜けたようになられました。

 

 

 

こういったケースの後は、本当に放心状態になります。

 

それは普通のことです。

 

それだけエネルギーを、いままで無意識の中に押し込めていたからです。

 

それを、あるがままに観ることを、無意識が避けてきたからです。

 

「わたしは劣っている」という、隠れた強い信念が

 

気づきの光に照らされ、あきらかになり、昇華していく・・・。

 

それは、とてもパワフルなことです。

 

 

 

ただ、セラピスト側としては、こういったセッションになった場合は特に

 

その後、どうなっているのかが、気になるところでもあり、

 

それを察して頂いて、今回の様なご感想を下さったのでした。

 

 

 

 

信念が気づきに照らされて明らかになった後、どうなるか?

 

 

 

同じような日常で在るにもかかわらず、根底にある何かが

 

明らかに違っているんです。

 

 

 

自分の根底に隠していた、あるがままの信念、陰で支配していたある種の怖れが、

 

それまでと同じだけのエネルギーを携えることができなくなるのです。

 

気づきに照らされ、明らかになったから

 

もうわけも分からず怖い故に、

 

知らず緊張しているという事が無くなるからなのですね。

 

簡単に言うと、同化できなくなる、という感じです。

 

 

 

また、深刻さが消え、軽やかさがおとずれることによって

 

とりまく世界の感覚が変化します。

 

変容していることに気づきます。

 

現象がなにか変化したわけではないのに

 

いろんなことが違ってくるんです^^

 

 

 

Aさんのご感想は、とてもわかりやすく書かれていると思います。

 

 

 

それも、ご自身が、逃げずに正直に

 

まっすぐに向き合ったからです。

 

それなくしては、全てがあり得ませんでした。

 

その場にご一緒させていただいて

 

Aさん、ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

9周年企画でスタートした、バイロンケイティワーク3回継続セッション×3名様。

 

お二人の継続セッションが終了しました。

 

どれも、とても思い出深いセッションとなりました。

 

継続コースの醍醐味は、やはり

 

確実に深いレベルに隠されたことが、明らかになること。

 

隠されているものに知らず同化してしまっているとき

 

それは「あるがまま」を妨げます。

 

 

 

 

それを見切ることを、継続セッションはパワフルにサポートします。

 

 

よかったら是非^^

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

のん




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA