ホーム&ニュース

自分では無意識の領域で、のんさんのサポートなしでは手放すことができなかったと思います。|ゼロセラピー個人セッションご感想

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

自分では無意識の領域で、のんさんのサポートなしでは手放すことができなかったと思います。|ゼロセラピー個人セッションご感想

 

 

 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

のんです。

ゼロセラピー個人セッションのご感想をいただきました。
ご了承のもと、掲載させていただきます。

 

■ Mさま (オーストラリア在住 女性)

この間は本当にありがとうございました。

最初は非二元に関してのセッションを申し込みましたが、
範子さん(のん)が、私の現状からバイロンケイティさんのセッションを勧めてくださり
変更してセッションしていただきました。

子供たちのことは全部私のせいという思考を握りしめ、
範子さん(のん)の質問に答えていくなかで、
自分からわざわざ問題を取りに行きこれも、
これも私のせいと自分のものとしている場面が頭に浮かびました。

そしてのその思考を手放せたとき、本当に体が軽くなりました。

これは自分では無意識の領域で、

範子さん(のん)のサポートなしでは手放すことができなかったと思います。
本当にありがとうございました。

その思考を握りしめているときは、自分は楽しんではいけない、
自分が楽しむのは子供が良くなってからという思いがありましたが、
これからは少しずつ自分のやりたいことをしていきたいと思っています。

それでも毎日いろんな現実が目の前にあり、
体調が良くないときなどは特に思いっきり目の前にのめりこんで
いろんな思考が沸き起こり、感情もはいり、気が付くとやっぱり私が。。。
という思考が出てきたりしますが、
それでも少しずつ観察者になるということが分かってきたように思います。

毎日が忙しく自分が何を考えてるのかさえ、

気が付かずに過ごしてきたように思いますが、
これからは少しずつ理解を深めていけたらと思います。

そのときはまたよろしくお願いします。

 

 

Mさん、ありがとうございました。
海外から見つけてくださって、有難い限りです。
どんなセッションでもそうなのですが
非二元をテーマにセッションをする場合は特に
興味をもったきっかけや、どんなプロセスを経てきたのかをお話いただいたのち
本日のセッションのテーマを伺います。
そこがわかったほうが、より、本当に求めていることに寄り添っていけるからです。
今回は、対話でのゼロセラピーセッションの中に
バイロンケイティワークを一部取り入れさせていただきました。
たいていの場合において
心に寄り添った対話によって苦しかった重荷を置いた後
そのことがどんな心の仕組みになっていたのか
そのことが非二元で言われることと、どんなふうにリンクしているのか
ということをお伝えしています。
重荷を置いてゆとりが増したからこそ
静かに目の前のことを観察でき
思考も明晰になり
感情も穏やかになります。
また、セッションの締めには
今日のゆとりを日常や非二元へのプロセスに
どのように生かすかもお伝えします。
だから
セッションのしばらく後にどんな様子かをお伺いすると
ご自身でどんどんゆとりが増している方がほとんど。
このご感想の後、Mさんより、さらなる近況のご報告をいただきましたが
本当に、さらなるゆとりと軽やかさで過ごされているご様子でした。
よかったなあ。。。ってしみじみ。。。。
セッション後も実践してくださって、ありがたい限りです。
ありがとうございました。
というわけで、
非二元なのか
心なのか
テーマがよくわからないという方も
最適だと感じることをご提案していきます。
お気軽にご相談くださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん

  最後までお読みくださり、ありがとうございました。 のん  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です