ホーム&ニュース

そのビリーフを握りしめて、それを自分のアイデンティティにしていたのも驚きでした|セッションご感想

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

そのビリーフを握りしめて、それを自分のアイデンティティにしていたのも驚きでした|セッションご感想

 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

バイロンケイティワーク個人セッション。

セッションに慣れてきた方には
「自分をジャッジする」というテーマでセッションを行うことがあります。
「慣れてきた方には」というのには訳があって
「自分をジャッジする」というテーマでは
自分自身の思考を見つめるということが
少しややこしくなりやすいからです。
最近会ったとても嫌なことから見ていって
「自分をジャッジする」テーマも用いて
最後はオリジナルのゼロセラピーになっていきました
ご感想をいただきましたので、ご了承のもと掲載させていただきます。

■ Tさま (広島市在住 女性)

思い出すだけで嫌な気持ちになる出来事があり、その事例を使って進めていきましたが

セッション後は全く違う見方になりました。

 

 

 

たった一回のセッションであんなに重たかった感情が軽くなり、

消えていくのはすごいなと思います。

 

 

 

無意識に禁止して封じ込めていた感情に気づくことができました。

自分では当たり前すぎて見えなかったビリーフです。

それを丁寧に紐解いていく中で軽くなりました。

しかもそのビリーフを握りしめて、それを自分のアイデンティティにしていたのも驚きでした。

 

 

 

また本当のわたしの位置からみるという視点も学び、心にゆとりが出来ました。

ありがとうございました。

 

Tさん、ありがとうございます。
「〇〇してしまったら、それは私ではない」
という言葉が、思わず口から出たとき、
〇〇するということへの強い強い禁止と
それが自分であるということが
強く結びついているということが明らかになりました。
本人的にはご普通の事だったので、
それを問い返されてびっくりしたといわれていましたが
このように、「自分をジャッジする」というセッションでは
ビリーフの下にある更なるビリーブ(コアビリーフ)に出会うことが
往々にしてあります。
私自身も、最初にこのワークをしたとき
考えたことも、思ったこともも、記憶にすらないのに
「このビリーフは私の中に確かにある」と心身が教えてくれて
びっくりしたのを覚えています。
(その話は別の機会にでも。。。)
よかったら是非、味わってみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

お知らせ

 

伊東医師

毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】
【10/27・12/22開催】「青空禅塾」
【11/23-24開催】「全人的健康を生きる知恵と実践 2デイワークショップ」

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線
伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

  最後までお読みくださり、ありがとうございました。 のん  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です