ソーシャル

米軍が最も恐れた男

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

久しぶりのお休みの日に
こちらを見に行きました。
スケジュール帳に数週間前から書き込んで、確保した時間。

『アメリカが最も恐れた男
カメジロー』

タイトル、すごくないですか?
戦後にアメリカから恐れられたなんて、どんなひと?
カメジローさんのこと、全然しらないのに、絶対見に行こうとおもいまして。笑

で、どうだったかというと
ホントに観てよかった。

戦争のこと
沖縄返還までのこと
沖縄の団結
原稿なしで応答されるライブな国会答弁
沖縄の真の平和への不屈なる精神
迫力と精神性
民意のパワー。。。

カメジローさんが街頭ではなせば、何千、何万のひとが集まったときいてましたが

映画のなかで、実際の写真をたくさん観て、「本当だわ!うそじゃなかったわ!」と、本当にびっくりしました。

こんな政治家が日本にいたんだなぁ。

カメジローさんが、おなくなりになるまえの入院中の病床で
その日、改憲について国会での議論があることを知って、こんな風に言われたそうです。

「憲法はかえたらいけないよ。戦争がおこってしまうからね。」と。

終戦しても、まるで、まだ戦争の悲しいほどの余韻が残る沖縄で、市民とともに不屈の精神で歩んだカメジローさん。
カメジローさんを守った市民。
その迫力がすごかったです。

先人たちが、孫子のためにと、守った日本。

『わたしたち、このままでいいんですか?』という、映画「新聞記者」のフレーズを
おもわず思いだしたのでした。

横川シネマで来月にまた公開されるそうですよ。
よかったら、是非

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です