ホーム&ニュース

ごみを出さない暮らしでの、しあわせな変化

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

いつも持ち歩いてるマイマグ。

マグを意識するお陰で、
コップ
ストロー
紙ナフキン
使い捨ておしぼり
そういうものをもらうことは
ほぼなくなった。

また、レジ袋や
紙袋や保冷剤も
お土産用以外は、もう
もらわなくなった。

スーパーで買い物したときは
店員さんのあまりの手際のよさに
小さなビニールにいれられたお肉などは
そのままもらってかえっていたけど

最近は、ごめんなさい、いりませんと
伝えるようにした。

ゼロウエイスト(ごみゼロ)生活に少しでもちかづこうとやってきた結果
少し前に、ごみが半減した実感があったけれど
今回またさらに減りました。しかも自然と。

ゼロウエイストを意識するまえと比べると、リサイクルプラは3分の1に。🎉

リサイクルといわれるジャンルは、材料を加工して作り直すものです。
とはいえすべてリサイクルできるわけではないんです。
家庭ででるリサイクルプラは食品が付着してることがおおいですが、これはリサイクルできません。廃棄です。
でも日本ではある程度の量しか処理できないので、少し前までは海外へゴミを輸出していました。
外国にはこばれたプラゴミは、大抵は処理し切れないまま
海へすてられたり、大地に置きっぱなしだったり。

幸いにも処理できたゴミも、化石燃料などで溶かしてから、リサイクルされます。
環境に負荷のかかる作業です。

いまや大気中にもマイクロプラスチックが確認されています。
健康のため、環境のために
減らした方がよいものであることは
まちがいないなと思います。

また、ごみがでないと
お金の節約にもなるし
ひとつひとつの行動にゆとりがでるし
物に感謝がわいてきます。

大量消費は、しあわせの対極にあるのかもしれません。

てことで、
ごみが減ったという
嬉しげな記事でした。笑

#ゼロウエイスト
#豊かな暮らし
#幸せ
#リサイクル
#環境へ負荷
#人体に負荷
#節約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です