ホーム&ニュース

報道って、とっても人間的。 だから、それを聞いたり解釈する 感性を磨く必要がある。

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

11月おわりのことなんですけど
今頃アップしてみます。笑

東京新聞の望月記者のドキュメンタリー映画、『i』を観に行きました。

彼女に関して賛否両論あることとはおもいますが、そのことよりも、
報道のありかたや
国民の知る権利や
学ぶ必要性を
考えさせられるなぁと。

報道って、とっても人間的。
だから、それを聞いたり解釈する
感性を磨く必要がある。

ひとりの国民として
なにがおこってるかを知り
違和感を粗末にせず
なにをどう感じるのかを
大切にしたいとおもいました。

そう考えたとき。。。
この映画の最後に
締め括られていた言葉をおもいだします。

誰もが、何派とか関係なく
一人称単数の私をとりもどすこと。

映画の狙い通りの感想をもったかなぁと。笑

なんにせよ

母国日本が
素敵な国になるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です