報道って、とっても人間的。 だから、それを聞いたり解釈する 感性を磨く必要がある。


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


 

11月おわりのことなんですけど
今頃アップしてみます。笑

東京新聞の望月記者のドキュメンタリー映画、『i』を観に行きました。

彼女に関して賛否両論あることとはおもいますが、そのことよりも、
報道のありかたや
国民の知る権利や
学ぶ必要性を
考えさせられるなぁと。

報道って、とっても人間的。
だから、それを聞いたり解釈する
感性を磨く必要がある。

ひとりの国民として
なにがおこってるかを知り
違和感を粗末にせず
なにをどう感じるのかを
大切にしたいとおもいました。

そう考えたとき。。。
この映画の最後に
締め括られていた言葉をおもいだします。

誰もが、何派とか関係なく
一人称単数の私をとりもどすこと。

映画の狙い通りの感想をもったかなぁと。笑

なんにせよ

母国日本が
素敵な国になるように。




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA