ホーム&ニュース

例えば、おおいなるものと〇〇って

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

 

おおいなるもの、などなど

そういうことを示す言葉ってたくさんありますよね。

 

 

 

それと同時に

例えば、おおいなるものと〇〇ってありますよね。

気づいたり、一緒になったり、ともにあったり

みたいな。

 

 

 

それもいいと思うんですけど

せっかくなので、ここでは、

もうちょっとゼロセラピー&青空禅寄りに

進みたいんです。

 

 

 

 

例えば、おおいなるものと〇〇・・・というのは

「自分」と「おおいなるもの」という存在があることが前提となっています。

そうでなければ、大いなるものに気づいたり、一緒になったり、ともにあったりできませんね。

その前提のうえで進んでいくと、寄せては引く波のように、うまくいったり、うまくいかなかったりするのが常です。

なぜなら、自分(主体)と大いなるもの(客体)という二元の世界では、

すべてが変化していく運命であるために、不変なものは存在せず、うまくいき続けるわけがないからです。

 

 

 

ですから、「自分と大いなるもの」に関する物語には、

思ったような感覚は訪れたり訪れなかったりし続けるでしょう。

 

 

 

でも、大丈夫です。

ここから快進撃です。笑

 

 

 

「自分とは何か?」に気づくための問いを手掛かりに、どんな時も自らに問い続けることによって

自分という存在そのものが錯覚であったことが明らかになります。

その錯覚の解消によって

すべてを覆い隠していたベールが開かれます。

 

 

 

そのようになるならば、

自分と大いなるものが一緒になって・・・

という物語そのものが、明らかな錯覚であったことが明確になります。

 

 

 

大いなる存在は、どこか遠くにあるのではありません。あなたの呼吸より近くに常に在ります。

まるで、あなた自身のように・・・

いや、

まるで、という言葉は邪魔なような・・・

 

これ、ヒントです。笑

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

伊東充隆医師の著書、発売決定 アマゾンより、先行販売受付中です。

【募集中】 
【9/27・10/25・11/29開催】「青空禅塾」 


【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です