ホーム&ニュース

個人と全体

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

 

個人が全体になるわけではありません。

それは、雲のストーリーなんです。

 

 

 

個人はストーリーの中の中心、または、一部であって、全体にはなり得ません。

 

 

 

ですから、個人が全体になるということを追いかけることは、不可能を追いかけることになります。ストレスですね。笑

 

 

 

そうではなくて

 

 

 

もともと全体であり

全体のなかに個人があった

 

 

 

ということなんです。

 

 

 

その真実はとてつもなくオープンで明晰でなにもないので、

つい、他のことに目が眩んで、わからなくなってしまいます。

 

 

 

 

目が眩んでしまった他のことへの対策はいろいろありますが、

一番簡単なのは、ほっておくことです。笑

一休さんのいう、

「気にしない、一休み」ってやつです。

 

 

 

気持ちよい場所で、リラックスして、試してみるとうまくいきやすいかもしれません。

 

 

 

なれてきたら、日常のあらゆる場面で、実践できるようになります。

 

 

 

そのとき、個人の感覚は自然と薄らいでいます。そうすると、全体の正体に気づきやすくなっているでしょう。

 

 

 

季節は、秋。

心地よい季節の力も借りて、ぜひやってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

伊東充隆医師の著書、発売決定 アマゾンより、先行販売受付中です。

【募集中】 
【11/29・12/20・1/24開催】「青空禅塾」 


【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です