個人と全体


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


 

 

 

 

個人が全体になるわけではありません。

それは、雲のストーリーなんです。

 

 

 

個人はストーリーの中の中心、または、一部であって、全体にはなり得ません。

 

 

 

ですから、個人が全体になるということを追いかけることは、不可能を追いかけることになります。ストレスですね。笑

 

 

 

そうではなくて

 

 

 

もともと全体であり

全体のなかに個人があった

 

 

 

ということなんです。

 

 

 

その真実はとてつもなくオープンで明晰でなにもないので、

つい、他のことに目が眩んで、わからなくなってしまいます。

 

 

 

 

目が眩んでしまった他のことへの対策はいろいろありますが、

一番簡単なのは、ほっておくことです。笑

一休さんのいう、

「気にしない、一休み」ってやつです。

 

 

 

気持ちよい場所で、リラックスして、試してみるとうまくいきやすいかもしれません。

 

 

 

なれてきたら、日常のあらゆる場面で、実践できるようになります。

 

 

 

そのとき、個人の感覚は自然と薄らいでいます。そうすると、全体の正体に気づきやすくなっているでしょう。

 

 

 

季節は、秋。

心地よい季節の力も借りて、ぜひやってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA