ホーム&ニュース

養生訓とすがすがしい時間 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。
最近はこの本をすこしずつ読んでいます。
貝原益軒著『養生訓』。
江戸時代に発刊された本ですが、当時の平均寿命が40才代前半だった時代に、貝原さんは、85才でこの本を書き上げたそう。
おなくなりになる直前まで、小さい字の読み書きをし、本を書き、歯も全て自分の歯だったそうです。
養生のすごさを体現され、すごい説得力ですよね。
このなかに紹介されてる養生で、できそうなことを、すこしずつやってみてます。
そのうちのひとつ、食後の散歩を、今日やってみました。
夜の散歩だったので、子供についてきてもらったのですが、
昔一緒に良くあるいたルートを、星をみたり、懐かしい話をしたりしながら。。。
養生だけだなく、こころも清々しくあったかくなりました。
またお散歩いこうっと。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

伊東充隆医師の著書、発売決定 アマゾンより、先行販売受付中です。

【募集中】 
【11/29・12/20・1/24開催】「青空禅塾」 


【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です