農業とサピエンス全史


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


昨日の午前中は久しぶりに、
瀬戸内まいふぁーむさんまで。
講座のなかで、
農業は原罪である、と
講師の高内さんはいわれました。
その話は、こちらで何度かきいていたフレーズで、人間の歴史を知るほどに、人間の欲とあいまって、農業はいろんな争いを起こし、また、争いに利用されてきたのだということも知りました。
農業による環境破壊も。
人類は農業を見直さないとマジでまずいとおもいます。
ところで、先日図書館再開となり、ずっと前に予約してた本が手元にきました。
「サピエンス全史 上」。
これは哲学っぽくて面白そうだなという雰囲気だけで予約したのですが笑、
中をひらいたら、農業革命がおこした繁栄と破壊という章もありました。
下巻では宗教についてもかかれているよう。
わたしが何年ものあいだ深く関心を寄せてきたものから、いま引き付けられるものが、この本で、
しっかりと繋がっていく予感がします。
とはいえ
まだちょっとしか読んでないのは秘密です。笑



===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA