なぜならわたしは20年前癌を患い、余命宣告を受けていたからです|The Last Breath 死の追体験ワーク


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


なぜならわたしは20年前癌を患い、余命宣告を受けていたからです。|The Last Breath 死の追体験ワーク

 

 

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

The Last Breath ~  死の追体験ワーク のご感想を頂きました。

ご本人様のご了承の上、掲載させていただきます。

 

■ Sさま (広島市在住 女性) 

死の体験旅行

のんちゃんから
インフォメーションを受けた時の気持ち
ドキドキ!ワクワク!
体験した〜い!

ワーク当日
成人した娘と親子2人で受けました。

のんちゃんから
「本当に大丈夫?
途中でしんどくなったら
退出しても大丈夫てすからね。
無理しないでください」

その 言葉にも
私は不安など何もなく
部屋に入り、静かにスタート。

できるだけ
ニュートラルな心でのんちゃんの言葉に耳を傾けて、素直に思いのままに、感謝を込めて手放していけました。

しかし

すすんでいくにつれ、胸が苦しくて、感情が乱れそうになり、逃げ出したくなりました。

フラッシュパックのような感覚。

なぜなら
わたしは20年前
癌を患い、余命宣告を受けていたからです。

その時の
恐怖・悲しみ・怒り・孤独…
ワークを一緒に受けている娘は、その当時1歳。
いろんな感情が蘇りました。

涙が溢れ出し
どうしよう。
無理かも…でした。

そんな自分の心と向き合いながら
深呼吸

深呼吸。

のんちゃんの声が
また
心地よくなり
ありのままの、わたしの心と向き合いながら、すすめることができました。

最終にいくにつれ
ダンナと愛犬を天秤にかける
わたしをわたしがプッと笑う景色も見えはじめ、楽しくなりました。

死の体験旅行なのに笑

そして
最後のカード
スッキリ
清々しく
雲が晴れた気持ち。

「ありがとう。」

心からの感謝の言葉を伝え
死の体験旅行を終えることができました。

20年前にも
現実に死の体験旅行をしたわたし。
その当時では
思えなかった感情でした。

いま
こうして
健康ですごせていることは
今日のワークの、ため?と思えたほどでした。

もう
わたしは
「死」
を恐れることなく
その時を迎えることができます。

奇しくも
娘と体験できたご縁も感謝。

逃げださなくてよかった^_^

そして
のんちゃんとのご縁に感謝。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

お知らせ

 

伊東医師
花火花火花火 伊東充隆医師の著書花火花火花火
 アマゾンにて、販売中です。

【募集中】
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

◆2022年初ライブ【1/30開催】「青空禅塾」

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆YouTubeチャンネル『広島「青空禅」伊東充隆&和サンガ広島』
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線
伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA