最後に思わず口から出てきた「全部デタラメ」という言葉に一番驚いたのは自分でした。|バイロンケイティワーク3回コースご感想


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


●最後に思わず口から出てきた「全部デタラメ」という言葉に一番驚いたのは自分でした。|バイロンケイティワーク3回コースご感想

 

 

ブログにお越しくださりありがとうございます。坂本範子です。.

 

 

 

 

先日ブログでもご紹介した、サロン9周年限定企画

 

「バイロンケイティワーク3回コースモニターセッション」。

 

抽選で当選された3名の方と一緒に、3回のワークを過ごさせていただいています。

 

そのうちのおひとり、Aさま。

 

今日は、3回コースセッション終了後のご感想を、

 

ご了承の下、掲載させて頂きます。

 

 

■Aさま (富山県在住 女性) 3回連続セッション終了後

 

 

 

バイロンケイティの一回のワークではなく、三回継続のワークを受けることができて

本当によかったと思っております。

 

どんな言葉にしても伝えられないくらい感謝しています。本当にありがとうございます。

 

 

 

三回継続のバイロンケイティのワーク後、わたしも日常もいつも通りで、何も変わっていません。

 

が、わたしの中のどこかが、とても軽くなっています。

 

と言うか、なんと言ったらよいのでしょう、。

 

1日の中でふと、あー、やっぱり今までと何かが違うわー、何かが変わってると、

 

微かですが確かに感じています。

 

重い石版のような「劣っている」という考えは、無くなったということでしょうか、

 

「劣っている」のいう思考はただの言葉になっています。

 

誰もそんなわたしに気づいていないと思うし、伝えても伝わらないと思うし、

 

どのような言葉にしてよいかわからないままメールしています。

 

 

 

毎日、やはり考えに振り回されるし、いろんな感情に狼狽えるし、

 

見た目はなーんにも変わってません。

 

それでも、見張られている、見られているという恐怖がなくなりました。

 

人より劣っているわたしを見破られないように、

 

わたしがわたしを見張っていたのか、と

 

ワーク後に思うようになってから、

 

とても楽しそうに話すからつられて楽しくなる、とか、

 

いい笑い声だね、とか

 

笑顔を褒められたりすることが多々あり、、、、。

 

人に見られること、接すること、自分を表現することに

 

拭えない緊張感や恐怖心を持っていた自分ですので、

 

そう思われること自体、フシギで戸惑い、呆気にとられています。

 

 

 

また、先日も、出来ない自分、失敗する自分がイヤで苦しかったのですが、

 

ワーク後、、思うように出来なかった時、

 

「出来ない自分がおもしろーい 」と言って

 

笑っている自分に間をおいて気づいた時、ビックリしました。

 

出来なくても頑張ってる自分、

 

それを楽しんでる自分がとても愉快だわと、

 

勝手に思ってる自分に

 

誰がそう思って言ってるのか??と思うほど

 

わたしにはとても凄いことです。

 

 

 

三回を通してのワークの時間は、

 

今までの「劣っていて」とても苦しかった人生を凝縮したような

 

深いところで繰り返し続けていた

 

自分の叫びのような言葉ばかりだったなと振り返って思っています。

 

 

 

三回継続の一回ごとのテーマは違っていましたが、しっかりと繋がっていて、

 

2回目、3回目と深く深く奥の方に繋がっていきました。

 

これまでの堂々巡りのパターンで、

 

気づきたくなかったパターンがようやく見えてきました。

 

ワークは、それでも何が何でも見たくない

 

という自分と向き合うことでした。

 

 

 

どうして、わたしはこんなに劣っているの?

 

どうして?こんなことになるの?

 

どうして?こんなに苦しいの?

 

と、劣っているわたしをさとられないように、人を利用して生きていると思い込み

 

その罪悪感にも苦しみ、なにもかも自分以外のせいにして、

 

「劣っている」という考えに栄養を与え、

 

大切に育てるようにしていた自分がハッキリとわかりました。

 

それに気づきたくなかったなんて。なんてことでしょう^ ^。

 

 

 

最後に思わず口から出てきた「全部デタラメ」という言葉に

 

一番驚いたのは自分でした。

 

滑稽すぎて笑うしかなかったです。

 

 

 

三回のワークの時間は、

 

のんちゃんの温かく冷静でブレない視点を持ち続けていてくださったこと、

 

ひとつひとつの思考やその言葉を丁寧に扱ってくださったことは

 

横道に逃げることなく、どうしてもたどり着けなかった場所に分け入っていく

 

道しるべになったのだと思います。

 

「劣っている」と「劣等感」は、どちらがフィットしますか?

 

という細やかな問いかけも本当に的を射ていたと思います。

 

その時のわたし的には、2つの言葉は全く違うものでしたから。

 

少しズレてきていますよ。

 

無理しないで深呼吸しましょうね、

 

というアドバイスのたび、

 

「???」頭がカチンとフリーズし、動けなくなる私を

 

辛抱強く待っていてくださったからこそ

 

自分から分け入っていくしかなく(笑、

 

たどり着けたのだとおもいます。

 

 

 

『バイロンケイティのワークはとても「パワフル」です。』

 

という言葉に、パワフルってどういうこと?

 

初めはわかるようでよくわかりませんでした。

 

が、そのパワフルさは今もあるようで、ジワジワと感じています。

 

パワフルとしかいいようがないくらいフィットしているとおもいます^ ^。

 

本来の愛の優しい力が溢れているという感じでしょうか、

 

どんな言葉を選んでももどかしいですが。

 

 

 

三回のワークの時間はとてもパワフルでしたし、

 

のんちゃんとのワークは緊張感もなくとても愉しい時間でした。

 

継続ワークが終わりしばらく経っていますが、

 

今もバイロンケイティワークのパワフルさは

 

ずっと日常にあるような気がしています。

 

毎日、そのパワフルさの中にいるみたいな感じです。

 

三回継続ワークの時間で、気づいたことを、

 

体感とともに実感させられているような毎日です。

 

 

 

その中で思うのは、思考のエネルギーの強さです。

 

どんなに気をつけていてもいつのまにか、巻き込まれて

 

グルグル巻きにされています。

 

スル〜っと滑るようにいつのまにかそうなっていく狡猾さには

 

感嘆するしかありません。

 

ワーク後、以前よりも思考に巻き込まれていることに気づけるようになったと思うのですが

 

巻き込まれているのに気づかず、ん?なんかヘン、苦しいぞ、、、となってから

目が覚めたように、ハッ!とします。

 

その度に、いつのまに!!!と思います。

 

思考から離れるとまた別の思考に近づいて、スル〜〜っと巻き込まれ〜〜、、、の繰り返し。

 

 

 

そんな自分ですが、今までより上手く?思考と付き合えているようなリラックス感があり、

 

そのリラックス感が周囲に伝わってるような感じもあり、

 

バイロンケイティワークのパワフルさがここにもあるのかな、

 

なんて思ったりすることも多く、

 

また頭の中がまだ落ち着かないのか考えて書くということが思うようにならず、

 

バイロンケイティのパワフルさを言葉にするのももどかしかったです。

 

 

 

バイロンケイティのワークはとてもパワフルで、

 

そのパワフルさは今も続いています。

 

続いていくように過ごしていきたいと思います。

 

拙い感想ですが、送ります。

 

 

 

のんちゃんへ。

 

言葉にならない

 

ありがとうをいっぱい込めまして。。

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

とっても丁寧にご感想を書いてくださって、ありがたい限りです。

 

とっても時間をかけて書いてくださったのだろうな・・・

 

こちらこそ、感謝でいっぱいです^^

 

 

 

バイロンケイティワークは、いろんな意味で、とてもパワフルです。

 

あまりのパワフルさ故に、

 

途中でやめたくなったり、

 

途中で巧妙に逃げてしまうこともあります。

 

時には、責められているように感じたり、怒りも覚えるかもしれません。

 

それは、他者によってそうされているわけではなくて

 

自我の自己防衛反応なんですね。

 

ですから、それを越えていこうとする覚悟なしには

 

セッションの展開はありえないんです。

 

Aさんは、ほんとうに見たくないエリアに触れていく事を選択してくださいました。

 

 

 

「全部デタラメ」。

 

どうやっても見たくなかったエリアのなかに

 

かたくなに縛り付けていた信念にであい

 

それをまっすぐに見つめていったとき、

 

余りにも自分にとってはなじみがありすぎて、普通過ぎた、思考回路は

 

「全部デタラメ」だった!ということに

 

「自ら」気づかれたときのパワフルさ。

 

これは、言葉にはできません。

 

 

 

その気づきが、

 

日常のいろんなことに、静かに、

 

でも決定的な変化をもたらしてくれたんだなということを

 

明らかに見させてくれださった、ご感想でした。

 

 

 

Aさん、3回にわたり、真っすぐに

 

ご自身を見つめられた勇気に

 

あらためて・・・ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

『現実は、自分の考えよりも、やさしい。』

 

バイロンケイティの言葉です。

 

確かめられないまま信じ込まれている思考(信念)こそが

 

苦しみの原因となり、あるがままを遠ざけます。

 

その信念に、明らかに、ただ気づきいたとき

 

その信念はもうパワーを持つことが出来ません。

 

まるで、大蛇が、赤ちゃんミミズになったように(笑)

 

 

 

思考が渦巻きすぎて、静寂や呼吸で落ち着かせるのは難しく感じる

 

苦しくて、それに囚われて、なかなか動き出せない

 

そんな方には特に、このワークはおすすめです。

 

 

 

また、今回3回セッションを数名の方にさせて頂いて

 

ほんとうに連続セッションでないともったいない!と思うくらいに

 

信念は、深く深く連結したストーリーなのだという事が見えて来ました。

 

 

 

面白い!です(笑)

 

 

 

こちらのバイロンケイティワークは、

 

個人セッションとして予約を承ることが可能です。

 

良かったら是非、お試しくださいね^^

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

のん




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA