ホーム&ニュース

『今日』~そしてもし、そっちのほうがほんとなら、わたしはちゃーんとやったわけだ

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

こどもが小さい時のはなし。

子育ては、今まで私が社会人としてやってきたことを、全然通用させてくれなかった。

やり始めたことの、たいていすべてのことを途中で止めなければならず、一日中家にいるにもかかわらず、家事が常に山積していた。

どうして、一日家にいるのに、こんなにおわってないのかと、自分でも毎日不思議だった。笑

そんな一番あわただしい日々が少し過ぎたころ、ニュージーランドのあるママさんがつづったこの詩が目に入った。

あのときのあの感じは、なるほど、こういうことだわと、納得した。笑

そして、あの何もできてないと感じていた日々が、全然違う風に感じることができて、うれしくなったし

わたしができる最大の事「あなたをまるごと愛している」ということを伝え続ける日々を、うれしく思った。

『今日』 

今日、

わたしはお皿を洗わなかった

ベッドはぐちゃぐちゃ

浸けといたおむつはだんだんくさくなってきた

きのうこぼした食べかすが 床の上からわたしを見ている

窓ガラスはよごれすぎてアートみたい

雨が降るまでこのままだと思う

人に見られたら なんていわれるか

ひどいねえとか、だらしないとか

今日一日、何をしていたの?とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた

わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた

わたしは、この子とかくれんぼした

わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、

それはきゅうっと鳴った

わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった

わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日 何をしていたのかな

たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと

でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは

澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために

すごく大切なことを していたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、

わたしはちゃーんとやったわけだ
『今日』(訳:伊藤比呂美 画:下田昌克 刊:福音館書店)

こちらから引用

今日も大切な命をはぐくむママさんにとって、素敵な一日になりますように。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】 
【5/24・6/28開催】「青空禅塾」 
【4/25-26開催】「和サンガの場の力とヒーリングのブラッシュアップリトリート2」

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です