ホーム&ニュース

母と妻を同時解除する「わたし」時間

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

 

役割が人を奮い立たせることも事実ですが

役割が人を追い詰めるときもあるのも事実です。

 

 

 

子育てにおいては「母」

家庭においては「妻」

その役割を全くわきに置いた「わたし」。

どの役割の時が一番、自分らしくいられるでしょう。

 

 

 

役割を背負いすぎ、役割に邁進しすぎると

ふんわりした本来のわたしが置いてけぼりになって

ちょっとずつしんどくなっていってしまいます。

ただの「わたし」として自由でいられる人と樹を持つことはとても大切なことです。

 

 

やさしい対話カフェでは

思う存分、ただ「わたし」として

あなたのお話をアウトプットしてください。

 

 

 

あなた自身の喜びがあふれ

それが周りの人たちに分け与えられていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です