ホーム&ニュース

さくらの葉の塩漬けと、フィボナッチと、ホログラム

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

創れるものは創ってみるSTAYHOMEな暮らし。たくさん取って置いた桜の葉で、はじめての、桜の葉の塩漬けづくり。

ポリ袋一つぶんの葉は、一晩おいていたのですが、夜のあいだに葉からの蒸気でふくろのなかはしっとり。封を開けると、さくらの香りがふわりとかぐわしかったです。

 

その後、シンク一杯になった数キロの桜の葉を選別。キレイなのをとっておきます。はねた葉は、自然農でつかいます。

 

キレイな葉を水で洗って、数分お湯でゆでます。

 

 

あげたら、一枚ずつ水気をきります。

 

この段階で、一キロの葉の支度をするのは時間がかかりすぎだと分かり、断念。笑
半分の量をしこむことにしました。

 

同じ大きさにそろえて。

 

葉の全体量にたいして30%の塩を用意。葉とは葉のあいだに引いていきます。

ここから、軽めの重石をして、1ヶ月おいて、食べれるようになります。

お料理にも、また、ふりかけ的にしたりもできるし、パウダーにして、お菓子などにも使えます。

我が家の桜の葉でつくった塩漬けをたべながら、桜を思う時間。なんかすてきだなぁ、と妄想中。笑
たべれるようになる、一ヶ月後がたのしみ💕🌸

 

 

 

それにしても、はじめてやったけど、この作業で半日強かかりました。
そのなかでの発見がいくつか。

 

 

葉の葉脈がほんとうにキレイで、透かしてみつめながらうっとりしてたのですが、この葉脈の法則性、見た気がする、なんだろうと。。。

前日に剪定された枝をながめていて、同じ規則性で枝がはえてるんだなぁとおもっていたのですが、

葉と枝の法則が一緒!と。

 

 

そして、葉をようく見ると、葉全体の中に、木全体が凝縮されてるような、かたちになってるなぁと。

 

(この葉一枚の中が、木全体の縮図のようになってることを発見)

 

一部は全体であるホログラム原理や
数秘術でもよく伝えているフィボナッチ数列など
いままで学んだことを、庭の桜からあらためて学ばせてもらったような気がしました。

自然の懐の深さ、たわわな恵みに感謝🌸💕

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

伊東充隆医師の著書、発売決定 アマゾンより、先行販売受付中です。

【募集中】 
【11/29・12/20・1/24開催】「青空禅塾」 


【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です