ホーム&ニュース

生きづらさからの自由

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

心に住まう、

生きるのがむつかしい感覚

生きるのがしんどい感覚

生きるのがむなしい感覚

などなどが

「生きづらさ」。

 

 

 

これは、人生経験によって、程度差はもちろんあるのですが、

大なり小なり、誰もが抱いている感覚ともいえるかもしれません。

心の仕組みが、それを感じるようになっているからです。

 

 

 

生きづらさの感覚があまりなかったり

その感覚を何かで補えるうちは

人生の中で「生きづらさ」のパワーにやられることはないかもしれません。

 

 

 

でも、生きづらさの感覚が増して、しんどいなあと思うことがやってきたとき

「心」がどうなっているのかを観察したり、触れてみたり、感じてみたり、様々な心理療法やセラピーを通して

素直に明晰に心に向かい合っていくことで「生きづらさ」に変化が起こります。

 

 

 

 

 

もうひとつの心や非二元に特化したブログのタイトルを

『生きづらさからの解放』ではなく

『生きづらさからの自由』としました。

 

 

 

「解放」というのは、「生きづらさ」が「ある」、という前提で起こる現象のように思います。

「自由」というのは、「生きづらさ」が「本当は存在していなかった」かも、という視点の変換をも含んでいます。

セッションによって、どちらに流れていくのかは、その時次第なのですが

今までの経験上、「自由」になる現象のほうが、より軽やかさが増していくように感じます。

「解放」でも「自由」でも、その時に合わせたプロセスが展開されていくので、もちろんどちらもOKなのですが
「自由」のほうがより、ノンデュアリティ的視点を含んでいると感じています。

 

 

 

かの聖者、ラマナ・マハルシの、こんな言葉があります。

『なぜ混乱を創り出しておいて、それから解決しようとするのか。
ああ!この迷路に巻き込まれないものは幸いだ!』

今回の「生きづらさからの自由」というタイトルには、

その言葉のエッセンスを込めてみたいなと思いました。

 

 

 

自分の生きづらさを癒し、それから自由になる。

そんなプロセスを、

オリジナルメニュー「ゼロセラピー」セッションで
楽しんでいただけたらいいなと思っています。

 

 

 

 

 

もう一つのタイトル『自分からの自由』

また別の記事でアップしますね ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

伊東充隆医師の著書、発売決定 アマゾンより、先行販売受付中です。

【募集中】 
【11/29・12/20・1/24開催】「青空禅塾」 


【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です