「どこを突かれたのか震えるような感覚と、どこから出てくる涙なのか泣けました」|バイロンケイティワークご感想


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


●「どこを突かれたのか震えるような感覚と、どこから出てくる涙なのか泣けました」|バイロンケイティワークご感想

 

 

ブログにお越しくださりありがとうございます。坂本範子です。

 

 

 

 

先日ブログでもご紹介した、サロン9周年限定企画

 

「バイロンケイティワーク3回コースモニターセッション」。

 

 

抽選で当選された3名の方と一緒に、3回のワークを過ごさせていただいています。

 

そのうちのおひとり、Aさま。

 

今日は、第1回目のセッション終了後の気づきを、ご了承の下、掲載させて頂きます。

 

 

 Aさま (富山県在住 女性) (第1回目セッション終了後)

 

 

 

あれから、いつも通り過ごしていますが、

 

日々いろんな出来事があるわけで、

 

そんな中で何とは無しにワークの時間を思い出しつつ、

 

その時々、ジャッジメントシートや無料メールのワークとにらめっこしつつ、

 

気づきとは言わないけれど、そんなに明確ではないけれど

 

あぁ、そーか、と思う日々です。

 

 

 

 

この、ハッキリしない、あぁ、そうか、って感じは

 

私や?体調や?出来事の中で?

 

大きく動いているような気がしています。

 

なんか、ヘンな感じです。

 

 

 

とても変わったということでもなく、

 

あぁ、そーか、の中に自分の悪いところ、短所みたいなことが見えたり、

 

つい、怒りや焦りや悲しみや傷ついたぞ みたいな気分が入り混ざって狼狽えて、

 

何とかしようと必死になろうとしているのが見えてきて、

 

イヤになっちゃうなぁ、みたいな感じです。

 

 

 

落ち着かないまでも、少しはそーかそーか、そうなんだね、と、思うようにすると

 

以前よりも、ザワザワした気分も早めに落ち着きラクになれるような気がしています。

 

 

 

今までよりもラクに居られるような、、見え方や感じ方や考え方が

 

今までより少しわかりやすくなったみたいな、。

 

よくわかりませんが^^;。

 

ヘンな感じです。

 

 

 

ブログを何度かモヤモヤしながら読みました。

(1回目のセッション直後のご感想に対しての、プチアドバイスを掲載しています)

 

 

怒りの奥に隠してある守りたいもの

 

 

 

そうなんですね、、。

 

考えたことあると思うのですが、

 

考えてもみなかったようで、、

 

どこを突かれたのか震えるような感覚と

 

どこから出てくる涙なのか、泣けました。

 

 

 

ワーク後の毎日で、

 

頑固な私、強情な私、間違っていない

 

誰よりも正しいしわかっていたい自分や、

 

強い思い込みが、出てきてウンザリ苦笑だったのですが、

 

柔らかな感情、

 

感情って、何だっけ?

 

どんなことだっけ?

 

あら?わからない⁉︎とか思ってたら

 

怒りの奥から

 

認められたいが出てきました。

 

認めてほしい⁉︎   、、好かれたい、

 

そーか、愛してほしかった のかと。

 

 

 

そぉか、少しでも褒められること、それが愛されることと、

 

子供の頃に思い込んでしまったのかな、と。

 

と、涙と一緒にドバっと出てきました。

 

 

 

どうしよう。

 

どうしたらいい子になって

 

褒めてもらえるのかな、と

 

思い続けていたのかな、と思いました。

 

 

 

とてもわかりきっていたことだと思ってしまうんですけど、、。

 

またまた、びっくりだし、考えてどうなるわけでもなし、為すすべもないです。

 

そういうことが最近の出来事として目の前に見えてきてるのかな、とか思いましたけれども。

 

そーか、そーかで過ごそうと思います。

 

そんな自分をそのままにしながら。

 

 

 

長くなりましてすみません。

 

次回のワークの頃はもうすっかり秋ですね。

 

 

 

次回もよろしくです。

 

のんちゃんにお会いすることを

 

その静かな優しさに触れられることを

 

とてもありがたく、

 

楽しみにしております。

 

 

 

 

ありがとうございます^^

 

 

 

今回の個人セッションは連続ワークなので

 

セッションのその後の気づきや、変化を細やかにお伺いすることが出来きます。

 

セラピスト側としても、変化のプロセスを見せて頂けるので

 

途中でのプチアドバイスもしやすいですし、

 

とてもありがたい機会となっています。

 

 

 

また、連続セッションを受けてみようと思ってくださる方は

 

継続してご自身に向かうという事にとても前向きでいてくださるので

 

日頃でも素直にご自身の変化を観察し、いままでとは違う発見をして下さいます。

 

そのうえで、「とらわれすぎない」ためのコツを、ちょっとお伝えしながらすごすことで

 

ちょっとずつ、または、格段に

 

楽に在るコツや、物事に囚われないようになるコツを得られているように

 

お見受けしています。

 

 

 

今回、その様子がよくわかるのが

 

「なるべくそのままにしながら」というところ。

 

様々なことに気づくけれど、それを、何とかしようとしすぎないようにしていると

 

自然に客体(対象となる思考)から離れ

 

主体(自我)感覚も薄らいでいき

 

純粋な気づきの状態に近い感じになります。

 

何とかしようとしないことで、逆説的に

 

気づきが様々なことを、見せてくれるのですね^^

 

 

 

そこで、また、その良い感じを手放したくなくて、

 

対象となる思考に囚われそうになるのですが

 

そこもまたグッとこらえて、「なるべくそのままに」する。

 

すると、気づきの感覚がさらに深まっていきます。

 

 

 

それを繰り返していると、ふとしたタイミングで

 

それまで本当に無意識だった部分に気づきの光があたります。

 

すると、体を巻き込んで、おおきな衝撃がやってきたりします。

 

ここでは

 

「どこを突かれたのか震えるような感覚と、

 

どこから出てくる涙なのか泣けました」と書かれていますね^^

 

 

 

そしてまた、その大きな衝撃に囚われないように、手放していく。

 

それが離れて行ってもどうにかしようとしすぎない。

 

 

 

この繰り返しによって、青空感覚が自然に広がっていきます。

 

 

 

とても詳細に書いてくださったご感想なので、

 

そのことがわかりやすいですね^^

 

Aさん、ありがとうございます。

 

 

 

 

そんな感じで展開している、バイロンケイティワーク、連続セッション。

 

今回のご感想をくださったAさまは、

 

実は先日、

 

二回目のセッションを受けて下さっています。

 

2回目では、意図せず、1回目のセッションの続きのような

 

内容展開になっていきました。

 

本当に、全てが、深くつながっていることや

 

回を追うごとに、1回目のセッションでの全貌はまだ浅い層だったんだなあと

 

エゴのシステムのすごさに圧倒されます。

 

 

 

せっかくやるなら、やっぱり連続!ということがはっきり見えてきました^^

 

人生の中で、この期間は集中する

 

というときがあってもいいのではないかと思う展開になっています。

 

連続セッション、おすすめです~^^

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

のん




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA