「悲壮感が動機の「諦め」で、自分に不要なゴミを押しつけるのは、金輪際やめることにします!」|バイロンケイティワーク3回コースモニターセッションご感想


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。


●「悲壮感が動機の「諦め」で、自分に不要なゴミを押しつけるのは、金輪際やめることにします!」|バイロンケイティワーク3回コースモニターセッションご感想

 

 

ブログにお越しくださりありがとうございます。のんです。

 

 

 

先日ブログでもご紹介した、サロン9周年限定企画

 

「バイロンケイティワーク3回コースモニターセッション」。

 

 

抽選で当選された3名の方と一緒に、3回のワークを過ごさせていただいています。

 

そのうちのおひとり、Yさま。

 

今日は、第2回目のご感想を、ご了承の下、掲載させて頂きます。

 

 

 Yさま (福岡県在住 女性) (第2回目セッション)

 

 

 

こんにちは。

 

昨日も素晴らしいセッションをありがとうございました。

 

 

 

メールありがとうございます。

 

のんちゃんのお察しのとおり、疲れなのでしょうか・・・

 

あまりに大きな気付きの後で、放心状態です(笑)

 

 

 

祖母、母親、共に夫というパートナーに対して、

 

自分が我慢することが家族の平和だという生き方でしたので、

 

私はそんな生き方はしない!夫とはフェアなパートナーシップを育むんだ!

 

そう独身の頃から感じており、望むとおりのパートナーシップがとれていることに

 

安心しきっていました。

 

 

 

でも、肝心な「ワタシ」とのパートナーシップが、

 

祖母と母親の生き方そのものであったとは・・・

 

何も言葉が出ないくらい、衝撃でした。

 

 

 

また、気付きの後には、

 

定着させるためにはどうしたらいいのか、

 

そこに意識がいつも向いていたんですが、

 

気付くだけでOK!という視点へと導いてくださり、

 

本当にラクになれました。

 

 

 

そうですね、冷静に考えると、

 

もうそのエネルギーを引っ張って、どうのこうのしなくてよいという「気付き」

 

ですもんね^^;

 

 

 

振り返ると、我慢ができたことで、

 

器が大きくなれた気がしていたので、

 

霊性を高めたい気持ちと比例して、

 

その部分に意識が向き、現実化させていたのだな・・・

 

とも後から気が付きました。

 

 

 

何十年もそのパターンを繰り返し それが当たり前になっていたので、

 

仕方がない・・・と諦めていたのですが、

 

その「諦め」も、諦めると望む方向に行くとか、

 

「諦め」に対して、自分にとってとても善いイメージとして握りしめていました。

 

けれど、悲壮感が動機の「諦め」で、自分に不要なゴミを押しつけるのは、

 

金輪際やめることにします!

 

 

 

これからは、もっと私自身に「快」を与え、

 

その「快」から拡がる平和を、関わる人と分かち合っていきたいと思います^^☆

 

 

 

本当に、ひとりでは気付くことができなかったこと・・・

 

そうつくづく感じます。

 

のんちゃんのピンポイントに仕留める視点と導きに、

 

本当に感謝いたします。

 

 

 

今回もありがとうございました。

 

 

 

ありがとうございます^^

 

 

 

今回、セッションを進める中で、一つの信念が現れてきました。

 

「我慢=平和」という固い信念でした。

 

これは、

 

自分と周りの平和のために、自動的に我慢する仕組みを、自ら厳守している、ということです。

 

大抵において、こういった信念は小さいときに決めてしまうのですが

 

大人になってもそれをまだ厳守しているんです、知らないうちに。

 

だから、楽になりたい、幸せになりたいと願っているからこそ、

 

その為の必須項目である「我慢」をし続けてしまうのですね。

 

それが平和のための必須項目だと、無意識の中で決めているから、

 

なぜだか止められないんです。

 

客観的に観るとビックリするような、何の関係もない!と思うようなことですが

 

思考は、因果を結び付けるわけです。何とでも。

 

 

 

こういった信念はどんな人の中にもあります。

 

ただ、明らかになりづらいんです。

 

当たり前すぎて、言語化もできないほどのものですから。

 

だから、セッションでそこに光が当たると

 

長い事そこに置いてきた事を開放するため、心身を巻き込んでいきます。

 

今回は、セッションのあと「放心」していたことが、最初の文章でうかがえますね^^

 

 

 

 

このように大きめの信念に出会い、開放感がやってきたあと、

 

誰もに訪れる一つの罠があります。

 

それは、

 

「このイイカンジの気づきを手放したくない、維持したい。そのためにはどうしたらよいか?」

 

ということです。

 

「どうやって?」は曲者です。

 

そうやって考えていく事で、また、

 

先ほど解放した因果を呼び起こし、強化しているんです。

 

そして、とらわれることによって、また得も言われぬ苦しい感じが戻ってきます(苦笑)

 

それは例えていうなら、

 

せっかく、ごみ箱にいれたごみを、そのような執着によって

 

ごみからごみをだして、もう一度手元に置いておくようなものなのですね。

 

 

 

手放したあとに訪れているスペース感覚こそが、その楽なイイカンジの感じの源ですから

 

もう、その気づいた内容は、楽になるために必要なものではなくなっています。

 

だから、きづいているだけ、楽な感じにくつろいでいるだけで大丈夫なんです。

 

そのことが、青空感覚が広がっていくことにつながっていきますよ^^

 

 

 

 

「自分に不要なごみをおしつける」という表現は、ぱっと見、過激な感じがしますね。

 

これは、バイロンケイティのワークシートにご自身で記載されていた、

 

具体的なイライラの事例の中にあった文章を、置き換えて検証したことによって

 

あらわれた文章でした。

 

これにとりくむとき、最初は「・・・ごみ・・・???」ってなるんですが(笑)

 

こういったことは、一種の隠喩(メタファー)。

 

その背後には、その人オリジナルの因果関係が眠っています。

 

この「ごみ」とは、何をあらわすのか?を探ると

 

ひとによって様々な回答が出てきます。

 

 

 

そのように、具体的な事例から、隠喩含めて、いろんな形で想いが浮き上がってくるのは

 

ワークシートに具体的に記入することによって起こる事と感じます。

 

このへんは、バイロンケイティワークの強みだなあって感じますね^^

 

 

 

 

Yさんは、セッションとセッションの間の期間もセルフワークに取り組んでくださって

 

どんどん気づくスピード感がアップされてきたように感じます。

 

また、振り返る中で、静かに自己観察されている雰囲気も伝わってきます。

 

素晴らしいことと感じます。

 

なぜなら、

 

このようなセッションは、ご自身で向かい合っていく姿勢が唯一最大のポイントであり、

 

その覚悟がなかったら、セラピストがどんなふうに寄り添っても、

 

なにも明らかにならないのですから。

 

 

 

こちらこそ、Yさんの覚悟に寄り添わせえいただいた

 

素晴らしいセッションを、ありがとうございましたラブラブ

 

 

 

実は、ラスト1回のセッションを、数日前に、すでに終了されているYさん。

 

ラストセッションは、トリにふさわしい、深い深いセッションとなりました^^

 

またのレポートをお楽しみにラブラブ

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

のん




===========================================================


■現在募集中■


【4/29&5/14開催】ミモザのお庭の贈りもの
~暮らしを楽しむワークショップ
【6/12開催】つむぐ
~わたしに還る空白のワンデイワーク
【5月開催】ライブ&オンライン
青空と雲の瞑想会


■随時募集中

【ただ幸せ】
青空禅・非二元
【やすらぎ】
心理・神秘学・哲学
 
【くつろぎ】
トータルビューティー|アロマ|ハーブ|野草
   
【たわむれ】
スクール・レッスン・グループワーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA